広告募集中 広告募集中

第17回日本統計学会春季集会 概要

主催:一般社団法人 日本統計学会,東京都立大学金融工学研究センター,統計質保証推進協会

第17回日本統計学会春季集会を東京都立大学南大沢キャンパスにて,遠隔でのリアルタイム参加も可能な形で開催いたします.プログラムは招待講演による企画セッションを5つとお昼の時間帯にポスターセッションを設けます.セッションおよびプログラムは,随時,春季集会Webサイトにてアナウンスいたします.

また今回もポスターセッションの発表を広く募集しております.今回のポスター発表は現地での対面報告とオンラインでの報告を選べるようにします.ポスター発表の応募に際しては,予稿をご準備ください.優れたポスターに対して,「優秀発表賞」と「学生優秀発表賞」を授与いたします.セッション終了後,授賞式を行います.会員の皆様の参加を心よりお待ちしております.

会場

東京都立大学 南大沢キャンパス 1号館

会期

2023年3月4日(土)10時00分~18時00分

参加申込
参加者ポータルへ

懇親会

2023年3月4日(土)18時30分~20時30分
会場:ルヴェ・ソン・ヴェール南大沢(東京都立大学 国際交流会館内)

参加申し込み・費用

参加費会員一般・学生ともに無料
非会員一般5000円
学生3000円
懇親会費会員・非会員ともに一般5000円
学生2000円
銀行振込が現在利用可能なお支払手段です.申し込み完了後に振込先の口座情報が表示されます.
すべての参加者はこのポータルサイト上で参加登録を行ってください.

大森裕浩(日本統計学会理事長)
吉羽要直・小方浩明・長倉大輔・中妻照雄・中山厚穂・星野崇宏(企画・行事委員会)
中山厚穂・小方浩明・下清水慎・森治憲・吉羽要直(実行委員会)

プログラム

開会式

10:00~10:10 1階120教室 Zoom A

開 会:大森 裕浩(日本統計学会理事長)
挨 拶:樋口 知之(日本統計学会会長)

企画セッション(午前)

AM-A「金融データサイエンス(仮)」

10:10~11:50 1階120教室 Zoom A

オーガナイザー・座長:吉羽 要直(東京都立大学)

導入:吉羽 要直(東京都立大学)
「東京都立大学大学院における金融データサイエンスの教育と研究の概観(仮題)」
講演1:内山 朋規(東京都立大学)
「機械学習と株式投資(仮題)」
講演2:竹原 浩太(東京都立大学)
「マクロ経済変数を用いた住宅ローンのデフォルト及びプリペイメント分析(仮題)」
講演3:林 高樹(慶應義塾大学)
「高頻度データを用いた証券価格変動の先行遅行関係分析(仮題)」

AM-B「米国の多様性推進の取り組みに学ぶ(仮)」

10:10~11:50 1階110教室 Zoom B

オーガナイザー:松井 知子(統計数理研究所),渡辺 美智子(立正大学),南 美穂子(慶應義塾大学)
座長:松井 知子(統計数理研究所)

講演1:Motomi Mori(St. Jude Children's Research Hospital)
「St. Jude Children’s Research Hospitalにおける多様性の考え方・取り組み(仮題)」
講演2:Jimmy Doi(California Polytechnic State University)
「CalPoly大学における多様性委員会の取り組み(仮題)」
パネル討論:
パネリスト:Motomi Mori,Jimmy Doi,松井 知子,渡辺 美智子,南 美穂子

ポスターセッション・昼休み

12:00~12:55 コアタイム1
13:00~13:55 コアタイム2

対面会場:1階103, 104, 109番教室
オンライン会場:Zoom POの各ブレイクアウトルーム

企画セッション(午後)

PM-A「小データでの効率的な機械学習の実現のためのドメイン適応技術」

14:05~15:45 1階120教室 Zoom A

オーガナイザー:樋口 知之(中央大学),松井 孝太(名古屋大学)
座長:樋口 知之(中央大学)

第1部:チュートリアル
講演者:松井 孝太(名古屋大学)
「転移学習とドメイン適応の基礎」
第2部:研究講演
講演1:手嶋 毅志(株式会社リクルート)
「統計的因果モデルに基づく転移学習」
講演2:有竹 俊光(統計数理研究所)
「変数の拡張に対する最適輸送を用いたドメイン適応(仮題)」

PM-B「統計検定をめぐる現状と課題,そして発展」

14:05~15:45 1階110教室 Zoom B

オーガナイザー:美添 泰人(青山学院大学),中西 寛子(統計数理研究所)
座長:中西 寛子(統計数理研究所)

講演1:中西 寛子(統計数理研究所)
「統計検定の歴史の振返りと課題」
講演2:本多 正幸(千葉大学),林 篤裕(名古屋工業大学),桜井 裕仁(大学入試センター)
「統計検定CBTの試験問題評価とその課題」
講演3:佐藤 彰洋(横浜市立大学),河合 玲一郎(東京大学),竹村 彰通(滋賀大学)
「統計検定DSエキスパートの考え方と取組み」
講演4:小松崎敦子,藤井俊之(株式会社 オデッセイ コミュニケーションズ)
「統計検定CBT方式の概況と大学学内での実施事例」
講演5:美添 泰人(青山学院大学)
「統計質保証推進協会の取組み」

基調講演

16:00~17:30 1階120教室 Zoom A

"Modelling with smooth functions: GAMs, Covid and beyond"

オーガナイザー・座長:各務 和彦(名古屋市立大学),荒木 由布子(東北大学)
講演者:Simon Wood (University of Edinburgh)

This session is supported by JSPS KAKENHI Grant Number JP19HP2005.

ポスターセッション表彰式・閉会式

17:40~18:00 1階120教室 Zoom A

樋口 知之(日本統計学会会長)
大森 裕浩(日本統計学会理事長)
川崎 茂(統計検定センター長)

事前参加登録

本集会は,会場の都合上,事前の参加登録にご協力ください.オンライン聴講は事前の参加登録が必須です.春季集会Webサイト内の参加申込ページより,2月24日(金)までにお申し込みください.

ポスターセッションの申込み

春季集会Webサイト内のポスターセッション申込ページより,2月13日(月)までにお申し込みください.ポスターセッションに関する詳細も同ページをご覧ください.表彰の審査対象は,日本統計学会会員(ポスター発表申し込みまでに入会の手続きをしている方)に限定しておりますので,ご留意ください.表彰の審査を希望される方は,審査員のみ参照可能なA4用紙4枚以内の審査用予稿をご準備ください.詳細はこちらをご覧ください.


Copyright© 2022 Japanese Society of Statistics. All Rights Reserved.
Powered by Y WEB SYSTEM.

特定商取引法に基づく表記